DHAたっぷりの魚の缶詰が脳にいい

缶詰は骨まですべて食べられますしDHAを最もパフォーマンス的に摂取するにもかなり良いのです。

このDHAと共に注意されているEPAという、同じく青魚に多く内蔵される不可欠脂肪酸がありますが、サプリメントなどはどっちか単体というよりも共に配合しているものも多く、望みされる影響などもだいたい似たようなものが多くどっちかというとDHAのサブ的な印象でもありますが、常識的に青魚を食べればいずれもともを摂取する事が出来ます。

日本人にとって青魚は大変なじみのあるもので食べる機会も少なくはないのです。

DHAそのものの成果はコレステロールや中性脂肪の低下、血圧を下げる、動脈硬化の防止などふんだんにあり、血液そのものを改善する事で結果的に脳に美しいな質の良い血液を回す事が可能な事で「頭がよくなる」につながっているところも大きいです。

といってもこれも強すぎるとパーキンソン病などの発症にもつながるためバランスを取る事が大事なのですが、このアセチルコリンが減少しているケース、それに成果があるのがレシチンです。

更に、脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンという物質も記憶や勉強、睡眠などにも深く関わっているのでこれの十分な分泌を促す事も必須です。

テレビなどマスコミでもよく取り上げられ各メーカーもたいていサプリメントとして提供していて最も世間に広く知れ渡っている「DHA」というものがあります。

レシチンは、大豆製品や、卵黄、しかもレバー、ナッツ類にも多く内蔵されていてこちらも造作なくに摂取しやすい食品がそんなにです。

海馬を活性化させ記憶力や集中量を急上昇させるために有効なのはブドウ糖だけではないのです。

DHAはサバやイワシなどの青魚の魚油に多く内蔵される脂肪酸で、必要脂肪酸のうちのオメガ3脂肪酸の1つ不飽和脂肪酸という種類の脂肪酸になります。

焼く、煮物にする、揚げ物でとか調理メソッドも種々ありますが余裕に摂りたいケースは缶詰を食べるというテクニックもあります。詳しくはこのサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です