脳に良いオメガ3脂肪酸とは?

オメガ3に属しているのは、DHA・EPA・ALAです。

DHAとEPAは青魚に多く内蔵されているとされ、青魚がよく獲れる地域では認知症のシルバー世代が少ない事や肥満の人がいないという質問報告が公表されています。

その働きから、不整脈の改善に影響があるといわれています。

しかもDHAと同じくに、コレステロール値を下げる働きがあるので脂肪を減らす影響が見込みできます。

ALAはクルミなどに豊富な植物性油脂なので、DHAやEPAとは原料が異なります。

飽和脂肪酸は血管を凝固させたり血管壁を傷付けたり脂肪を蓄積させたりと良くない事だらけですが、不飽和脂肪酸は血管壁を傷付ける事がなく血液サラサラ成果や脂肪とコレステロール値を減少させる作用があります。

DHAはドコサヘキサエン酸の事で、脂肪燃焼影響や認知症阻止に影響的である事が知られています。

EPAはエイコサペンタエン酸の事で、DHAをバックアップする働きがあります。

ALAはαリノレン酸の事で、血管を助ける働きがあります。

オメガ3とは不飽和脂肪酸の事で、動脈硬化のきっかけになるとされる飽和脂肪酸と正反対の脂肪酸です。このサイト(http://www.sinbadsearch.com/)で詳しく解説されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です